ThinkPader9704Pのちょこっとデイズ

小さくて大きな一日の出来事や趣味などを綴る小さなウェブログです。

タグ:OLYMPUS

さて、今回はお待ちかね(?)のOM一桁シリーズの紹介をしていきたいと思う。

最初はTTLダイレクト測光で一世を風靡したOM-2の後継機であるOM-2Nを見ていきたいと思う。

そもそもOM一桁シリーズは一体何ぞやというと、当時(1972年)の一眼レフの三悪(重い・大きい・ミラーショックが大きい)を解消させた新しい一眼レフを目指したシリーズとしてM-1(後にライカが貴社のブランド名と被るので改名するように警告される)が登場し、OMシステムが終了する2002年まで長らく続いた。
そんなOM一桁シリーズだが、フルマニュアル機のOM-1シリーズとAE機のOM-2シリーズがOMシリーズの礎を築いていく事になる。

さて、このOM-2Nは1975年に登場したOM-2を改良して1979年に世に放った名機であるが、一体何処が改良されたのか紐解いていこうではないか。
続きを読む

さて、前回紹介した中判カメラだけではなくてオリンパスが誇る一眼レフシリーズのOMシリーズの数々を買ったので、そちらを紹介していこうと思う。

先ずは、二桁シリーズの礎となったOLYMPUS OM10を見ていこう。

2017-06-23-10-30-26

このOLYMPUS OM10は1979年に大場久美子をCMキャラクターとして起用して、4万3000円で販売されたコンシューマー向けモデルである。
2017-06-23-10-30-50

このモデルの大きな特徴はAE(自動露出)機能による簡単撮影であるが、別売りのマニュアルアダプターを装着することによって、他のモデル同様にマニュアル撮影が出来るようになるという面白いものである。

2017-06-23-10-30-38

しかし、あくまでもアマチュアが簡単に撮影できることを目的に設計された本モデルは、マニュアル撮影を主眼に置かれていないので、マニュアル撮影の時は少々使い難いものとなっている。

さて、そんな機体を手に入れたのは良いものの……カメラバックが開かないという不具合を抱えているので、どうしてもフィルムの装填が出来ないのであった。
更にいえば、本モデルはフォーカシングスクリーンは固定式なので、他のモデルの様に簡単には交換出来ない仕様となっている。

しかし、『軽く撮影しよう』とか『お散歩カメラとして使おう』と云うようにヘビーユーザーよりもライトユーザの方が使い易いものとなっているのではないだろうか。続きを読む

今回は購入してから3カ月ほど経つOLYMPUS OM-D E-M1で撮影した写真を上げていこう思う。
予め言っておくが、作例が下手なのは許していただきたい。

2017-02-28-19-19-12
すべての写真をOM時代のズイコーレンズで撮影しているが、光学設計やコーティングなどで色収差や逆光が発生しているが、それさえ気にしなければ大丈夫かと思う。

2017-02-28-17-44-08

2017-03-11-17-37-20

2017-03-11-17-40-25

2017-03-11-17-33-36

2017-03-11-17-29-35

続きを読む

さて、色々と一眼レフなどを購入した私であるが……手元にあるOMレンズを如何にして活用しようか悩みに悩んだ結果、トップカメラで中古のOLYMPUS OM-D E-M1を買うことにした。

お値段は4万7800円と、現行のOLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIの20万円の約5分の1の価格で買える時代になっているのである。
そんな新たにやってきた奴であるが、未だ足りないのだ……OMレンズを活用するのにまだ足りないものがあるのだ。

そう、オリンパスが供給しているOMマウントアダプターであるが……これが何とも言えない価格であって、中古でさえ1万2300円と割高であった。
しかし、純正品以上に安心できるものはないと思ったので、純正品を買うことにした。

そして、数日経ってやっと揃ったシステムでいざ撮影だ……と思ったら、今度はSDカードの問題が発生したのだ。
手元にはMicro SDカードが32GBと8GBと二枚しかない上に、片方は認識できないしフォーマットもできないと来た。

続きを読む

さて、最近の私はツイッターを見ている方であればわかるかと思うが、実はOLYMPUS OM-D E-M1を購入して楽しんでいます。
2017-02-01-18-03-13

というのも、動画撮影が出来る上に小型軽量でスマホへ動画や写真が転送できるという優れた機能を備えているからです。

そんな私でありますが、去年の夏に購入したNikon D3の稼働率が徐々に低下しつつあって……これはまずいと思い始めるようになっています。

というような下りを書いておりますが、実はNikon F3の点検と預けてあった機材を取りに行った帰りに、買い物をしました。


続きを読む

↑このページのトップヘ