ThinkPader9704Pのちょこっとデイズ

小さくて大きな一日の出来事や趣味などを綴る小さなウェブログです。

タグ:Nikon


2017-08-18-23-47-37

さて、今回はニコンのフラッグシップ機『Nikon F2 Photomic』を数か月前に手に入れたので、見ていきたいと思う。

このNikon F2というと1971年に発売されたニコンのフラッグシップ機であるが、同時期にライバル社のキヤノンからCanon F-1が出たのは有名な話であろう。
そんな70年代のフラッグシップ機であるが、実は翌年の札幌オリンピックに向けて超望遠レンズと共に開発していたものでもあった。

そして、当時のフラッグシップ機だったNikon F(1959年~1971年)の大きな欠点だった超望遠レンズを使用した際のミラー切れ(ミラー切れとはレンズの像がミラーに入りきれずに途切れてしまう事)を解消すべく改良を施したというのである。

という事で、1972年の札幌オリンピックの際にNikon Nikkor-H 300mm F2.8と共に活躍したモデルである。

因みにIOC(国際オリンピック委員会)公認モデルもあり、そのお墨付きとしてオリンピックの五輪マークとIOCRD N72-xxSという形式のシリアルナンバーが付与されている。

http://cameranonaniwa.jp/shop/g/g2111012074250/
(2017年8月20日現在:レモン社にて56万円で販売しているのを確認)続きを読む

さて、最近の私はツイッターを見ている方であればわかるかと思うが、実はOLYMPUS OM-D E-M1を購入して楽しんでいます。
2017-02-01-18-03-13

というのも、動画撮影が出来る上に小型軽量でスマホへ動画や写真が転送できるという優れた機能を備えているからです。

そんな私でありますが、去年の夏に購入したNikon D3の稼働率が徐々に低下しつつあって……これはまずいと思い始めるようになっています。

というような下りを書いておりますが、実はNikon F3の点検と預けてあった機材を取りに行った帰りに、買い物をしました。


続きを読む

ついに、私はNikon F3を手に入れた訳だが、通電しないうえにフィルムカウンターの動作不良で『フィルムバックを開いても、カウンターがフィルムのベロにまで戻らず、5から0の間に止まってしまう』のでした。


さらに、絞り連動環の不良で所定の位置まで戻らないという症状も抱えていたのです。

2016-12-24-12-34-54

そこで、先月の29日に新宿にあるニコン新宿サービスセンターに、預けてあったNikon F4シリーズ三機とNikon F90Xを取りに行くついでにチェックをお願いしました。

続きを読む

私がNikon D3を購入して数ヶ月経つのですが、実を言うと撮影した写真の公開場所というのが定まっていない感じでして、少し前にアカウントを作成して放置していたNikon Image Spaceを使うことにしたんです。

で、写真をアップロードしたらアルバムに纏めて順次公開していこうと思っていますので、お待ちください。
後、写真の構図などは拙いかと思いますが……そこは優しい眼差しで見守って頂けると有難いです。





広島旅行の際に撮影した写真と沼津旅行の際に撮影した写真を公開しているので、どうぞご覧ください。





この大洗旅行は、父と一緒に行ったときに撮影したものだったりします。
で、大洗タワーの屋上にある喫茶店でコーヒーフロートを飲んだんでしたっけね。

しかし、大洗も変わったものだなぁ……小さい頃に良く連れって行ってもらったんですが、アウトレットとか店が殆ど畳んでいたので、衰退しちゃうのではと心配しました。





沼津旅行の時にも撮影したのですが、愛機(Nikon D3)のバッテリー残量がゼロになってしまって、殆ど撮影できなかったということで、七枚しか残せませんでした。

今度訪れた時には、たくさん撮影していきたいと思っていたり……(出来るかは分からないが)

さて、今回二回目の更新となる本ブログだが、またまた懲りずにNikon F4のジャンクを買ってしまったのです。


このNikon F4sは、初期型なのでMB-21の電池の表記も旧いほうです。
2016-08-28-18-40-15
これは初期(88年12月~89年初頭)に製造されたMB-21の電池残量チェッカーの電池の表記です。

2016-08-28-18-40-04
もう一方は、前期(89年~91年頃)に製造されたMB-21の電池残量チェッカーの電池の表記です。
二つを比較すると、ニッカド電池の表記の違いがわかるかと思います。

初期型と前期型の最も簡単な見分け方だったりしますが、中にはMB-21を中期型や後期型と入れ替えで装着している個体もあるので、あくまでも目安程度として留めておくと良いでしょう。

しかし、この機体には大きな問題を抱えていたのでした……MB-21の電池漏れによって、MB-21がやられてしまったのです。
幸い、Nikon F4本体に被害は及んでいなかったので、不幸中の幸いでした。

続きを読む

↑このページのトップヘ