ThinkPader9704Pのちょこっとデイズ

小さくて大きな一日の出来事や趣味などを綴る小さなウェブログです。

タグ:日常

最近、ツイッターなどにも顔を出さなくなった私でありますが…実を言いますと、4年間使っていたiPhone 5のデジタイザーの故障によってログインできなくなり、まともに使えなくなった“文鎮”になってしまったわけであります。

さて、ブログの方は実に1か月振りの更新となりましたが、先ほど述べた携帯電話の故障によって、ブログの写真が撮れなくなってしまったので、更新したくても更新できなくなってしまったわけなんですね…。

まあ、文字だけでも良いんですが…訴求力が欠けるというのでしょうかね…写真がないと。

なので、携帯電話の買い換えが済むまでは更新できないと考えていただいて結構です。

それと、先月の27日から短期アルバイトを始めていまして、夜勤で殆どネットに触れる時間がない状態でしてね…。

まあ、30日まで頑張って24日の給料日になって…念願のNikon D3と旅行を満喫していきたいなと思っておりますので、忍耐です!


続きを読む

さて、先ほど書いた『最近の動向なんかを書いてみる<その1>』ですが、結構乱雑で分かりにくかったかと思います。

ですが、私の率直な思いを書いたつもりですので、その思いが伝われば幸いであります。


早速、レンズの写真を載せるのを忘れていましたので、載せたいと思います。


写真に写っていますのは、Canon AE-1とFD 28mm F3.5 S.C.とFD 300mm F5.6 S.C.です。

はい、超望遠レンズと広角レンズの威力を確かめるために携行しました。

まあ、いい映りでしたが…何故、黴が…。






これらのレンズ、一癖も二癖も有りまして、マウント部分の仕組みが複雑なんですね。

そう、ニコンや現在のキヤノン(EFシステム)では簡単なバヨネット式を採用しています。

ですので、今のレンズに使い慣れている方が使うと戸惑う事、間違いなしだと思います。

更に、某掲示板で散見した発言が有りました。


FDレンズは構造が複雑で清掃が困難なので、修理屋のおっさんが嫌がる程のものです。

ですので、自己責任で清掃や修理を行う方は慣れていないと…レンズが犠牲に為ってしまいますよ…。


それも、「機械式の目覚まし時計を分解して、正しく治せた人なら出来る」と言うほどですから。

取り敢えず、レンズの話はここで切ります。続きを読む

もう4月と云う事で、学生や新社会人は新たなスタートを切ったと思います。

さて、今回は私の最近の動向を書いてみようと思います。


先ず、カメラの話から。



ツイッターを見て見るとお分かりかと思いますが、キヤノンのFDマウントレンズを集め始めました。

と云うのも、先日の送別会(仲間内のですが)の帰りに近場のジャンク屋に寄ったのです。

そこのブルーボックス(俗にいうガラクタ箱やジャンク箱など)にFD 200mm F4が入っていたのです。

見た所、殆んど黴が生えておらず、少々汚れが目立っていただけでした。

その時、Nikon F4sがメインなんだからいらないだろうという思いと、クソガキ(レンズの扱い方は於呂か、ジャンクをまるで塵の様に弄ぶ屑共)の手垢なんかで萎びて行くのは何とも可哀想な結末だ…という思いがぶつかり合った結果…


レジで精算を済ませていました。

その時、Nikon HB-1(バヨネット式のレンズフード)も一緒に購入しましたが、小生が所有している35-70mmには対応していませんでした。(実は、35-70mm F2.8という高級標準ズームレンズに対応しているのです)
その代りですが、35-135mmに対応していましたので、今使っているフードが壊れたときの予備として取っておくことにしました。

さて、話題が逸れてしまいましたので戻します。


そこから、ヤフオクでAE-1とFD 300mm F5.6 S.C.のセットを698円。

そして、念願の広角レンズを手に入れました。


しかし、そのAE-1には大きな問題を抱えていました。続きを読む

今日は土砂降りの雨の朝を迎え、大学の合格発表を迎えた。

結果として、不合格と云う結果を迎えた訳だが、まあどれだけ出来るかは大凡把握する事は出来た。

それ故に、苦手な部分も浮き彫りになったので虱潰しに対策を練って行けばいい。

只、浪人は一年限りと云う条件を突き付けられた。

そこは、弟が居る上に経済的にも裕福ではないから仕方が無いが…。

少々、勘ぐってしまうのだ。

弟が校内でベストテンに収まっている為、その弟に期待を寄せているんだと。

それで、弟には多浪を認めるというような…。

そんな深読みするだけ無駄だと分かっていても、どうしてもしてしまう。


最悪なシナリオである、二浪目での失敗…。

そうなると、大学への道は断たれて資格取得の為だったり、最悪な場合は高卒での就職活動なども有り得る。

また、父はふざけているのか分からないが、『人生の旅をしたらどうだ』という始末。

どこまで、私に勝手な申しを押し付けたがるのか…と思う訳である。


今の時代、学歴至上主義から実力至上主義へとシフトアップしているという。

そんな現実に目を向け始めた世間は、どう感じるのだろうか?


まあ、遠回しに他人に矛先を向けているとしかいいようが無い文体ではあるが、私にも主張したいことも有る。

それは、誰でも同じではないかと…。





そんな事言っている前に、対策したらどうだと…。

はい、ご尤もです。


就寝前にこんな野暮ったい事を考えても、寝付けが悪くなるだけだ。

そうだ、考えず明日の事に期待を寄せよう。

明日までは、もう時間は無いにせよだ。


今日は、取り敢えず学生と云う身分で無くなるという実感が些か湧いてきたので。

それでは、お休みなさい


今日は…朝8時半まで起きて寝て12時半に起こされるという不規則な生活が体のネジを狂わせている訳であって。

まず、自分でも自覚している事だが夜ふかししがちなのだ。
そこが第一の問題点であり、今後の生活に大きく影響する。

こんな事を書いている間にも、時間は過ぎて行く。

今日はここで終わりにします。

おやすみなさい

↑このページのトップヘ