ThinkPader9704Pのちょこっとデイズ

小さくて大きな一日の出来事や趣味などを綴る小さなウェブログです。

コンピュータに関する事やゲームに関する事なんかを載せていこうと思っています。
後、コメントとリクエストお待ちしています。
本サイトはリンクフリーですので、許諾なしでリンク可能です。


更新情報


2014年5月16日 AM2:08
情報交換の向上などを目的に、アップローダを公開しました。
コンピュータ関係の物に関して(保守マニュアルやカタログなど)を公開していきたいと思います。

2014年5月27日 AM12:58
IBM & Lenovo's Products Wikiの編集者の募集を本格的に開始しました。
IBM & Lenovo's Products Wikiのリンクを追加しました。

2014年5月27日 AM1:25
IBMユーザー&Lenovoユーザーの為の情報共有掲示板のリンクを追加しました。

2015年1月27日~29日
通信障害や人為災害によるデータ損失を見越して、Internet Archiveにアーカイブしました。

2015年3月3日
ブログ名の変更を行いました。

今回は一眼レフなど趣味から離れて、日常を少し綴ってみようと思う。

約1か月前に長野県の某ホテルに派遣社員として赴任したのであるが……パワハラが酷くて酷くて、直ぐにでも辞めたいと思ったのだが、それが約3週間ほども前からの事である。

仕事をして、大学受験の資金調達をしようという事で自主的に就職をしてホテルへ赴任した訳だが、そこの従業員が非常に性格が悪い(?)のか一回だけでは憶えられない様な事でも、直ぐに叱責しては険悪な雰囲気になってしまい胃が痛くなってしまう始末である。

勿論、私自身にも非が有る事は認めなくては成らないが……流石に業務に支障を来す程にまで感情的になって叱責しては宜しくないのではと思った。

更に云うと、そこから酷くなっていって『無視』や『脅し(恐喝)』といった社会人としてやってはならない事を平然とやって、私にだけ『差別』をして、私は耐えられないと思ったが……逃げられないし、逃げたら駄目だという心理に陥ってしまい『正常な判断力が鈍ってしまう』のが社会の可笑しさでもあり、常識でもある。

そんな中で、5日間も強制的に休日を設定されてしまったので更に気まずくなってしまう。

続きを読む

さて、前回紹介した中判カメラだけではなくてオリンパスが誇る一眼レフシリーズのOMシリーズの数々を買ったので、そちらを紹介していこうと思う。

先ずは、二桁シリーズの礎となったOLYMPUS OM10を見ていこう。

2017-06-23-10-30-26

このOLYMPUS OM10は1979年に大場久美子をCMキャラクターとして起用して、4万3000円で販売されたコンシューマー向けモデルである。
2017-06-23-10-30-50

このモデルの大きな特徴はAE(自動露出)機能による簡単撮影であるが、別売りのマニュアルアダプターを装着することによって、他のモデル同様にマニュアル撮影が出来るようになるという面白いものである。

2017-06-23-10-30-38

しかし、あくまでもアマチュアが簡単に撮影できることを目的に設計された本モデルは、マニュアル撮影を主眼に置かれていないので、マニュアル撮影の時は少々使い難いものとなっている。

さて、そんな機体を手に入れたのは良いものの……カメラバックが開かないという不具合を抱えているので、どうしてもフィルムの装填が出来ないのであった。
更にいえば、本モデルはフォーカシングスクリーンは固定式なので、他のモデルの様に簡単には交換出来ない仕様となっている。

しかし、『軽く撮影しよう』とか『お散歩カメラとして使おう』と云うようにヘビーユーザーよりもライトユーザの方が使い易いものとなっているのではないだろうか。続きを読む

長野県の某ホテルに赴任している間に……唐突にも中判カメラに手を出してしまったのである。

そう、1989年に発売されてから発売が終了された2010年までスタジオ撮影などでは定番だった富士フイルムの中判カメラの『GX680』である。
何故、このカメラに手を出してしまったかというと……某オークションでの出品価格が相場よりも非常に安かったのと、中判カメラでも撮影してという単純な動機からであった。

しかし、その競り落としたカメラを包み込んだ段ボールを見て驚愕した……。
他の中判カメラよりも大型で手持ちでの撮影が少し困難な重量ほどあるんじゃないかと。

2017-06-14-17-20-19

そう、このカメラは中判カメラ(6x8判)の中でも比較的大型な方に分類されるほどで、重量が約4.1kgという事で既に屋外での手持ち撮影は想定されていないものであった。
更に、安価な三脚だと直ぐにカメラの自重で前のめりになって倒れてしまうか、三脚自体が破損してしまうであろう。

そんなものを何処で使うんだと口を揃えて言うでしょうが、取り敢えず今のところは静態保存という形で運搬可能な状態になるまで保留という事にしておく。

続きを読む

今回は購入してから3カ月ほど経つOLYMPUS OM-D E-M1で撮影した写真を上げていこう思う。
予め言っておくが、作例が下手なのは許していただきたい。

2017-02-28-19-19-12
すべての写真をOM時代のズイコーレンズで撮影しているが、光学設計やコーティングなどで色収差や逆光が発生しているが、それさえ気にしなければ大丈夫かと思う。

2017-02-28-17-44-08

2017-03-11-17-37-20

2017-03-11-17-40-25

2017-03-11-17-33-36

2017-03-11-17-29-35

続きを読む

さて、色々と一眼レフなどを購入した私であるが……手元にあるOMレンズを如何にして活用しようか悩みに悩んだ結果、トップカメラで中古のOLYMPUS OM-D E-M1を買うことにした。

お値段は4万7800円と、現行のOLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIの20万円の約5分の1の価格で買える時代になっているのである。
そんな新たにやってきた奴であるが、未だ足りないのだ……OMレンズを活用するのにまだ足りないものがあるのだ。

そう、オリンパスが供給しているOMマウントアダプターであるが……これが何とも言えない価格であって、中古でさえ1万2300円と割高であった。
しかし、純正品以上に安心できるものはないと思ったので、純正品を買うことにした。

そして、数日経ってやっと揃ったシステムでいざ撮影だ……と思ったら、今度はSDカードの問題が発生したのだ。
手元にはMicro SDカードが32GBと8GBと二枚しかない上に、片方は認識できないしフォーマットもできないと来た。

続きを読む

↑このページのトップヘ