ThinkPader9704Pのちょこっとデイズ

小さくて大きな一日の出来事や趣味などを綴る小さなウェブログです。

コンピュータに関する事やゲームに関する事なんかを載せていこうと思っています。
後、コメントとリクエストお待ちしています。
本サイトはリンクフリーですので、許諾なしでリンク可能です。


更新情報


2014年5月16日 AM2:08
情報交換の向上などを目的に、アップローダを公開しました。
コンピュータ関係の物に関して(保守マニュアルやカタログなど)を公開していきたいと思います。

2014年5月27日 AM12:58
IBM & Lenovo's Products Wikiの編集者の募集を本格的に開始しました。
IBM & Lenovo's Products Wikiのリンクを追加しました。

2014年5月27日 AM1:25
IBMユーザー&Lenovoユーザーの為の情報共有掲示板のリンクを追加しました。

2015年1月27日~29日
通信障害や人為災害によるデータ損失を見越して、Internet Archiveにアーカイブしました。

2015年3月3日
ブログ名の変更を行いました。

さて、今回は以前購入したASAHI PENTAX K2を紹介していこうと思う。

2017-07-05-21-24-38

このPENTAX K2は1975年6月に登場したKマウント(ニコンのFマウントやミノルタのSRマウントと同じバヨネット式)と共に登場したKシリーズの最上級機として世に出た名機と云われている。

そんなASAHI PENTAX K2を破格値の2,980円でヤフオクで競り落としたという事で、その時は『ネタという事』にしていたが、まさか不調だったとは思いもよらず……。


続きを読む

今回は前々から企画している『レンズの部屋』シリーズを不定期連載していこうと思っております。

私が所有するレンズを様々な機材を用いて、様々な視点から斬り込んでいき『オールドレンズの良さ』や『各社の光学設計の違いや描写の違い』などを図などで詳細にまとめていきたいと考えています。

その為、資料集めなどで時間が少々掛かってしまう可能性が予想されるので定期連載ではなく『不定期連載』という形で開始していきたいと考えております。
連載ペースなどが安定してきたら、定期連載も視野に入れていこうと考えておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

続きを読む

さて、今回はお待ちかね(?)のOM一桁シリーズの紹介をしていきたいと思う。

最初はTTLダイレクト測光で一世を風靡したOM-2の後継機であるOM-2Nを見ていきたいと思う。

そもそもOM一桁シリーズは一体何ぞやというと、当時(1972年)の一眼レフの三悪(重い・大きい・ミラーショックが大きい)を解消させた新しい一眼レフを目指したシリーズとしてM-1(後にライカが貴社のブランド名と被るので改名するように警告される)が登場し、OMシステムが終了する2002年まで長らく続いた。
そんなOM一桁シリーズだが、フルマニュアル機のOM-1シリーズとAE機のOM-2シリーズがOMシリーズの礎を築いていく事になる。

さて、このOM-2Nは1975年に登場したOM-2を改良して1979年に世に放った名機であるが、一体何処が改良されたのか紐解いていこうではないか。
続きを読む

今回は一眼レフなど趣味から離れて、日常を少し綴ってみようと思う。

約1か月前に長野県の某ホテルに派遣社員として赴任したのであるが……パワハラが酷くて酷くて、直ぐにでも辞めたいと思ったのだが、それが約3週間ほども前からの事である。

仕事をして、大学受験の資金調達をしようという事で自主的に就職をしてホテルへ赴任した訳だが、そこの従業員が非常に性格が悪い(?)のか一回だけでは憶えられない様な事でも、直ぐに叱責しては険悪な雰囲気になってしまい胃が痛くなってしまう始末である。

勿論、私自身にも非が有る事は認めなくては成らないが……流石に業務に支障を来す程にまで感情的になって叱責しては宜しくないのではと思った。

更に云うと、そこから酷くなっていって『無視』や『脅し(恐喝)』といった社会人としてやってはならない事を平然とやって、私にだけ『差別』をして、私は耐えられないと思ったが……逃げられないし、逃げたら駄目だという心理に陥ってしまい『正常な判断力が鈍ってしまう』のが社会の可笑しさでもあり、常識でもある。

そんな中で、5日間も強制的に休日を設定されてしまったので更に気まずくなってしまう。

続きを読む

さて、前回紹介した中判カメラだけではなくてオリンパスが誇る一眼レフシリーズのOMシリーズの数々を買ったので、そちらを紹介していこうと思う。

先ずは、二桁シリーズの礎となったOLYMPUS OM10を見ていこう。

2017-06-23-10-30-26

このOLYMPUS OM10は1979年に大場久美子をCMキャラクターとして起用して、4万3000円で販売されたコンシューマー向けモデルである。
2017-06-23-10-30-50

このモデルの大きな特徴はAE(自動露出)機能による簡単撮影であるが、別売りのマニュアルアダプターを装着することによって、他のモデル同様にマニュアル撮影が出来るようになるという面白いものである。

2017-06-23-10-30-38

しかし、あくまでもアマチュアが簡単に撮影できることを目的に設計された本モデルは、マニュアル撮影を主眼に置かれていないので、マニュアル撮影の時は少々使い難いものとなっている。

さて、そんな機体を手に入れたのは良いものの……カメラバックが開かないという不具合を抱えているので、どうしてもフィルムの装填が出来ないのであった。
更にいえば、本モデルはフォーカシングスクリーンは固定式なので、他のモデルの様に簡単には交換出来ない仕様となっている。

しかし、『軽く撮影しよう』とか『お散歩カメラとして使おう』と云うようにヘビーユーザーよりもライトユーザの方が使い易いものとなっているのではないだろうか。続きを読む

↑このページのトップヘ