ThinkPader9704Pのちょこっとデイズ

小さくて大きな一日の出来事や趣味などを綴る小さなウェブログです。

コンピュータに関する事やゲームに関する事なんかを載せていこうと思っています。
後、コメントとリクエストお待ちしています。
本サイトはリンクフリーですので、許諾なしでリンク可能です。


更新情報


2014年5月16日 AM2:08
情報交換の向上などを目的に、アップローダを公開しました。
コンピュータ関係の物に関して(保守マニュアルやカタログなど)を公開していきたいと思います。

2014年5月27日 AM12:58
IBM & Lenovo's Products Wikiの編集者の募集を本格的に開始しました。
IBM & Lenovo's Products Wikiのリンクを追加しました。

2014年5月27日 AM1:25
IBMユーザー&Lenovoユーザーの為の情報共有掲示板のリンクを追加しました。

2015年1月27日~29日
通信障害や人為災害によるデータ損失を見越して、Internet Archiveにアーカイブしました。

2015年3月3日
ブログ名の変更を行いました。


2017-08-18-23-47-37

さて、今回はニコンのフラッグシップ機『Nikon F2 Photomic』を数か月前に手に入れたので、見ていきたいと思う。

このNikon F2というと1971年に発売されたニコンのフラッグシップ機であるが、同時期にライバル社のキヤノンからCanon F-1が出たのは有名な話であろう。
そんな70年代のフラッグシップ機であるが、実は翌年の札幌オリンピックに向けて超望遠レンズと共に開発していたものでもあった。

そして、当時のフラッグシップ機だったNikon F(1959年~1971年)の大きな欠点だった超望遠レンズを使用した際のミラー切れ(ミラー切れとはレンズの像がミラーに入りきれずに途切れてしまう事)を解消すべく改良を施したというのである。

という事で、1972年の札幌オリンピックの際にNikon Nikkor-H 300mm F2.8と共に活躍したモデルである。

因みにIOC(国際オリンピック委員会)公認モデルもあり、そのお墨付きとしてオリンピックの五輪マークとIOCRD N72-xxSという形式のシリアルナンバーが付与されている。

http://cameranonaniwa.jp/shop/g/g2111012074250/
(2017年8月20日現在:レモン社にて56万円で販売しているのを確認)続きを読む

今回は前々から興味があるアマチュア無線の事をつらつらと綴っていく、そんな新コーナーを始めていこうと思います。

さて、そんな私でありますが既に機材の方は手に入れており、アマチュア無線技士免許を取得して運用するだけです。
こんなグダグダなコーナーですが、タイトル名が『こちら、xxxxxxより(仮)』となっています。
これは免許取得して申請した時に発行されるコールサインを載せるために敢えて、x(ペケ)でやっている感じです。

後、(仮)は某学園美少女戀愛ゲームのパロディっぽいものだったりします。

ということで、新たなコーナーを是非とも宜しくお願いします。

さて、今回は以前購入したASAHI PENTAX K2を紹介していこうと思う。

2017-07-05-21-24-38

このPENTAX K2は1975年6月に登場したKマウント(ニコンのFマウントやミノルタのSRマウントと同じバヨネット式)と共に登場したKシリーズの最上級機として世に出た名機と云われている。

そんなASAHI PENTAX K2を破格値の2,980円でヤフオクで競り落としたという事で、その時は『ネタという事』にしていたが、まさか不調だったとは思いもよらず……。


続きを読む

今回は前々から企画している『レンズの部屋』シリーズを不定期連載していこうと思っております。

私が所有するレンズを様々な機材を用いて、様々な視点から斬り込んでいき『オールドレンズの良さ』や『各社の光学設計の違いや描写の違い』などを図などで詳細にまとめていきたいと考えています。

その為、資料集めなどで時間が少々掛かってしまう可能性が予想されるので定期連載ではなく『不定期連載』という形で開始していきたいと考えております。
連載ペースなどが安定してきたら、定期連載も視野に入れていこうと考えておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

続きを読む

さて、今回はお待ちかね(?)のOM一桁シリーズの紹介をしていきたいと思う。

最初はTTLダイレクト測光で一世を風靡したOM-2の後継機であるOM-2Nを見ていきたいと思う。

そもそもOM一桁シリーズは一体何ぞやというと、当時(1972年)の一眼レフの三悪(重い・大きい・ミラーショックが大きい)を解消させた新しい一眼レフを目指したシリーズとしてM-1(後にライカが貴社のブランド名と被るので改名するように警告される)が登場し、OMシステムが終了する2002年まで長らく続いた。
そんなOM一桁シリーズだが、フルマニュアル機のOM-1シリーズとAE機のOM-2シリーズがOMシリーズの礎を築いていく事になる。

さて、このOM-2Nは1975年に登場したOM-2を改良して1979年に世に放った名機であるが、一体何処が改良されたのか紐解いていこうではないか。
続きを読む

↑このページのトップヘ